どこの歯科医院でも、インプラントが適用されるのは

どこの歯科医院でも、インプラントが適用されるのは、インプラント以外の治療はできないという患者さんにお薦めします。周りの歯との関係から、クラウンやブリッジは入れられない、義歯では上手に噛めないなどでインプラント治療を選択するという事情を、ほとんどの患者さんが抱えています。
インプラントは入れ歯に比べ、より自然な噛み心地を得られるため食べ応えがあるので、食事が確実に美味しくなります。治療を始める前に必ず知るべきことですが、インプラント治療は高額になることを知っておいてください。場合によっては、保険診療にもできるようですが、その条件はとても厳しいのです。検査など、治療の一部しか保険がきかないのが負担が大きくなる原因です。
現状では最低線が十数万円、難しいケースでは数倍の費用がかかるケースもあることを肝に銘じておかなければなりません。
歯科医でインプラント治療を勧められた方もいるでしょうが、それは何らかの原因によって歯の欠損が生じたとき、代わりにあごの骨に埋め込んだ人工歯根と、その上の義歯作りの治療です。
歯の欠損には、昔からブリッジや入れ歯が使われてきましたが、インプラントは歯根部から強固にあごの骨に埋まっているため違和感が比較的少なく、メンテナンスによって、良い状態を長く保つことができます。
インプラント治療を受けようとすると、全て自費なのでその治療にはどうしてもお金がかかります。
多くのメリットを知られるインプラント治療。でも、それと裏腹のデメリットもあります。
最大のデメリットは費用が高額になることです。
ケースによっては数十万円の負担になるケースもまれではありません。
あとは、治療が失敗したとき、取り返しがつかない健康被害が起きるというのも、デメリットの一つです。障害が残るばかりか、治療が原因で死亡することも過去にはありました。長年放っておいた虫歯があり、抜くしかなくなってしまいました。ブリッジという選択肢もありましたが、インプラントにすると、このようになりますよと説明されインプラントの方が良いと考えました。結構な費用がかかるデメリットはありますが、自分の歯のような安定した使用感があるといわれました。
手術して、だんだん噛めるようになり、間もなく違和感なく噛むことができるようになりインプラントにして良かったと思いました。
数々のインプラント治療の問題点について、様々な情報ツールで調べたと思いますが、その中に、金属を埋め込むので頭部のMRI検査ができないといった口コミがあったかもしれません。
それは違います。MRI検査では、磁場に反応して画像が作られます。
金属に反応すると、画像は乱反射のように見えます。
インプラントの場合、あごに埋まる部分はチタンかチタン合金なので金属ですが、磁気には反応しません。そのため、MRI検査は問題なくできます。
インプラント治療はかなりの技術を要するので、失敗をゼロにすることはできません。治療が失敗すると、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、使用中の破損などのインプラント本体に生じた問題、インプラントを埋め込んだ後、あごの骨や周囲の組織が腫れる、痛みが引かないなど身体的問題、手術によって、あるいは術後の炎症によってあごのラインが変わってしまうといった見た目を損なってしまう問題もあります。
リスクをできるだけ減らすためにはまず、歯科医選びに全力を尽くしましょう。
歯科では、一連の治療の中に保険適用と適用外が混在することもよくあります。しかし、インプラントの場合、ほぼ全て保険適用外です。なぜ適用されないかというと、インプラント治療をすすめようとすると保険適用が可能な他の治療方法よりも手間がかかるとともに、設備や技術が求められ、どこでもできる治療ではないからです。インプラントを埋め込む手術前後の処置や、インプラントが周りの歯の間で落ち着くまでにも時間がかかり、時間に見合った医療費がかかります。全面的に保険がきくことにしてしまうと、医療費はいっそう増えてしまい、社会保険料の値上げが心配されるので、今後も原則保険適用にはなりません。一本のインプラント治療にかかる費用はトータルで30万円から40万円と考えてください。地域によって異なりますし、どのような治療を行うかによっても違ってきます。また歯科医の評判によっても料金はずいぶん違ってきます。治療の前に費用の総額を調べ、できれば複数の歯科医院を比較して最終的に歯科医院を決めるべきでしょう。忘れないで欲しいのはインプラント治療経験者の口コミです。
近頃は、一括払いだけという歯科医院は少なく、クレジットカード払いや、ローンによる分割払いも導入しています。
インプラントの特長として、しっかりと噛むことができ、どんなガムでも安定した噛み心地なのはけっこう大事なメリットの一つです。隣の歯の上に人工歯をかぶせるのではなく、インプラントの根元はあごの骨に埋まっているので歯が取れる心配をすることなく、安心してガムを噛めます。ガムを噛んだ程度では、インプラント全体は全く影響を受けないほどに頑丈です。キシリトールガムも、問題なく楽しめます。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ

一眼レフカメラ