治療を断念する方もいるくらい、インプラン

治療を断念する方もいるくらい、インプラント治療は治療費を確保してから始めなければなりません。
保険適用の可能性もゼロではありませんが、その条件はとても厳しいのです。
検査など、治療の一部しか保険がきかないのが費用を押し上げる最大の原因です。
インプラントの材質などを選び、極力安くしても十数万円、もし難度の高い治療が必要になるとすると治療全体で、その数倍の費用が必要になることをくれぐれも忘れないでください。最近よく耳にするインプラントは、虫歯や歯周病、外傷などで失った歯の人工歯根をあごの骨に埋め込んで、その上に義歯をかぶせる人工歯のことです。従来から使われていたブリッジや入れ歯と比べると、歯の根元が骨に埋まっているので残った歯と同じような使用感があり、メンテナンスが十分であればかなり長く使えます。
インプラント治療を受けようとすると、全て自費なので治療費が高額になることは問題点です。長年放っておいた虫歯があり、とうとう抜歯を迫られました。
隣の歯の状態から見れば、ブリッジも可能でしたが歯医者さんから今後のことを考えてインプラントをすすめられ、インプラント治療に決めました。
自費診療なので、かなりの額になりますが自分の歯のような安定した使用感があるといわれました。手術が終わってから、だんだんと隣の歯と同じように使えたのでインプラントが正解だったと思います。検査から治療後のメンテナンスまで、インプラント治療はほぼ全面的に保険適用外です。
保険がきかない理由ははっきりしています。
この人工歯治療は他の人工歯を使った治療に比べて歯科医や歯科技工士の手間がぐっと増えるためです。
インプラントをあごの骨に埋め込むだけでなく、周囲の歯との力関係を調節するなど時間を要し、トータルの治療費用は高額になってきます。
もしこの治療が保険適用だったら、健康保険の赤字がいっそう増え、結局は被保険者の負担が増えることになるので、保険適用にはならないのです。安易にインプラント治療を始めることはおすすめしません。他の治療が難しい患者さんが受ける治療です。クラウンやブリッジの支えになる歯がない、義歯では上手に噛めないなどでインプラント治療を希望することになるという患者さんに適用されるのが普通です。入れ歯に比べ、インプラントでは噛み心地は自分の歯に近く噛み応えがある分だけ、食事も美味しく感じられます。インプラント治療の問題点を皆さん、入念に調べたと思います。
その情報に、インプラントを埋め込んだ後は、頭部のMRI検査を受けられないという話があったのではないでしょうか。
でも、気にしなくて良いです。
MRI検査とは、身体に磁気を当てて画像を作ることです。
金属に反応すると、画像は乱反射のように見えます。
しかし、インプラントは主にチタンが使われているので金属ですが、磁気には反応しません。
そのため、MRI検査は問題なくできます。
自費診療なので、インプラント治療にはどのくらいかかるのかわからないという声を聞きますが、普通の治療で、入れるのが一本なら35万円前後をみてください。もちろん、地域差、歯科医院の規模による差、歯科医の評判による差があって費用の差になってきますので、事前に見積もりを出してもらうことが必要で、複数のデータが得られればそれを比べ、治療を始めても、決して遅くありません。
いろいろなデータの中でも重要なのはその歯科医院で治療を受けた方の口コミです。
高い費用も、一括払いには限りません。クレジットカード払いや、ローンによる分割払いも導入しています。インプラントはメリットの大きい治療法です。けれども、当然ながらデメリットもあります。
最大のデメリットは費用が高額になることです。高くついた場合、数十万円にもなるケースもまれではありません。
あとは、治療が失敗したとき、かなり深刻な問題が起こることもある危険性も承知しておいてください。
ごくまれなことですが、手術後の死亡例もあります。
インプラント治療はかなりの技術を要するので、失敗のリスクをゼロにすることはできません。
失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根、もしくは、上部体(義歯)が脱け落ちる、壊れてしまうといった人工歯そのものに関わる失敗、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、あるいは歯並びが悪くなる、あごの骨が変形するなど見た目の問題が起きる可能性もあります。
こうした失敗のリスクを最小限にとどめるためには歯科医はともかく慎重に決めてください。
インプラントならば、他の人工歯と比べても噛んだときに安定しており、ガムを噛むときに、噛み心地を楽しめるのはありがたみを実感する点です。
両隣の歯とつなげる形で人工歯を作ったのでなく、歯根はねじのような形状で骨に埋め込まれており、ガムと一緒に歯が取れるというトラブルはまずありません。
人工歯全体もどれほどガムを噛んでも傷まないほど丈夫に作られていることはいうまでもありません。キシリトールガムも、問題なく楽しめます。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ

一眼レフカメラ