インプラント手術の未経験者にとって

インプラント手術の未経験者にとって術中の痛みが怖いと思います。
どこの歯科医の手術でも、痛さを心配する必要はありません。麻酔が効いたことを確認した上で本格的に手術を始めるためです。
術後、腫れがでるのに伴ってだんだん痛くなってくることもありますが、痛み止めは頓服として処方されますので我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。残念ながら、インプラント治療は全額自己負担で、ごくまれにしか保険適用されませんが医療費控除で払ったお金を取り戻すことはできます。
手間はかかりますが、年一回の確定申告によってすでに収めた税金を取り戻す申告をします。医療費控除を受けようとすれば治療のたびにもらっている領収書がお金を払った証明になるのでなくしたらおしまいのものとして他の医療費とともに、1年分をもれなく保管してください。
1本から2本の欠損した歯に対して、インプラントもブリッジも適用できますがそもそもインプラント治療とは何かというと、あごの骨に開けた穴に人工歯根(インプラント体)を埋入し、それが落ち着いたところで上に義歯をつけます。
一方、ブリッジ治療では、義歯を支えるため、両側の歯を支柱のように削り、上からブリッジをかぶせるのです。
見た目の問題を考えるとほとんどの場合、インプラントが良いと言えます。
また、ブリッジ治療は、健康な歯を犠牲にしなければならないという辛い面があります。
現状では、インプラント治療ができる歯科医院でも、全ての人に治療しているわけではなく失敗の可能性が高いため、治療できないといわれることもあるのです。けれども、その理由が「あごの骨に強度や厚みが足りない」とか、「あごの骨に幅の余裕がない」などのことであれば決してあきらめる必要はありません。
最新設備を駆使して、腕のある歯科医が治療すれば以前なら、インプラント治療は不可能とされていた症例でも治療できるところが増えてきました。
現在可能な最先端の治療が受けられるかどうか、調べ、 相談してください。
インプラント埋入手術とは、人工歯根を骨の中に埋め込むことなので埋入手術後はどの患者さんも違和感を感じるといわれています。腫れがおさまると違和感は薄れるため変な感じがしても、触ったり刺激するのは止めるようにここはぐっと我慢してください。十日以上経ったときに違和感が変わらない、あるいはさらにおかしく感じる場合や、痛みが激しかったり、腫れや出血が治まらなかったりする場合は、その原因を究明し、対応することが求められます。
こうなれば我慢は必要ありません。
すぐに診療を受けましょう。
この治療のメインとなるインプラント埋入手術では、もちろん部分麻酔が使われますが、麻酔のために入院することはまずありません。麻酔が効きにくいケースや、血液系や循環器系の持病があるケースでは入院設備が整ったところで手術する必要もあります。
あるいは、インプラントの土台になるだけの厚みを持った骨がないケースでは、第一に骨を形成しなければなりません。腸骨など自分の骨を削り出し、移植する場合、手術が二回以上になる場合や、入院する場合もあります。
これらのどこかに当てはまる方は信頼できる歯科医とよく話し合った上で、治療計画を立てていってください。せっかく完了したインプラント治療も治療完了後、そのままで良いという訳にはいかず、アフターケアが寿命を決定します。毎食後に磨き残しがないようブラッシングしていわゆるプラークコントロールを完璧に行い、歯科医の検診を定期的に受け、歯科医や衛生士に指導してもらうことが、インプラント維持のために必要です。人工物のインプラントでも、日頃のケア次第で歯周病などのリスクが増します。
手術が成功し、義歯が使えるようになってインプラント治療が終了しても指示された間隔で歯科医によるメンテナンスを受けなければなりませんからその都度、費用がかかります。
使用に問題がなくても、三ヶ月に一度のペースで定期検診に通うことを指示されます。メンテナンスを受けるごとに支払う料金は保険がきく治療がほとんどなので、三千円くらいと考えてください。
全く問題がなくても、年に1、2万円くらいの費用を支払うことになります。
重要な確認事項として、インプラント治療を始める前にあごの骨が治療に耐えられるかどうか調べてください。
とりわけ、歯周病や顎関節症がある場合、治療を始める前に既往症を完全に治しておく問題が生じます。
それから、美容整形や外傷といった、あごの骨に手を加えた経験がある方も治療が事故につながる可能性があります。
こうした病歴があっても、直ちに治療できないといわれる可能性は低いため不安がなくなるよう歯科医に相談してください。
インプラント治療では人工物を骨に埋入しますが、それによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。人工歯根はチタンが多く、他の部分もセラミックや金などアレルギーを起こすことは極めてまれな素材でできているからです。健康保険が適用されるインプラント治療はごくまれで、全額自費と考えてください。
もし金属アレルギーの不安があれば治療開始前に歯科医とよく話し合う方がベストだと思います。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ

一眼レフカメラ