長い期間と費用をかけたインプラント治

長い期間と費用をかけたインプラント治療は、治療完了後、そのままで良いという訳にはいかず、セルフケアを怠ってはなりません。
毎日丁寧にブラッシングすることによるプラークコントロールを継続した上でインプラントだけでない口腔内全体の様子を、定期的に診てもらうことが欠かせません。
インプラントは虫歯にならないとはいえ、普段のケアができなくなると歯周病などのリスクが増します。
インプラント埋入手術では、人工歯根を骨に埋め込み、定着させるので埋入手術後はどの患者さんも違和感を感じるといわれています。数日で腫れも引き、違和感も薄れてくるので腫れたところや、縫った糸が気になっても、触らないようにここはぐっと我慢してください。もしも、十日以上経っても浮いた感じが治まらない場合や、痛みが激しかったり、腫れや出血が治まらなかったりする場合は、原因を探り、対応していかなくてはなりません。
急患でも診療を受けることが必要です。歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開けるといえばどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。どこの歯科医の手術でも、強い痛みを感じることはないと思ってください。
局所麻酔とは言え、しっかり効いたのを確認してから本格的に手術を始めるためです。麻酔が切れれば、処置の仕方によって痛みが出てくるケースもありますが、痛みに備えて、頓服薬を処方されるので痛みを我慢できないというケースはほとんどありません。一般的にはインプラント埋入手術を日帰りで行います。使われるのは部分麻酔で、全身麻酔になることはほとんどありません。
ただし、糖尿病や心疾患など、麻酔や出血に関わる持病がある場合は歯科とはいえ、入院の必要も出てきます。
また、インプラントを埋入するあごの骨の厚みがない場合は、厚みを増すための治療が必要で、骨移植も考えられます。腸骨など自家骨の移植手術であれば入院して手術するケースも実際にあります。
このような難しい治療を行う場合、治療は主治医とよく話し合い、計画的に進めていってください。
理由は様々ですが、希望すれば必ずインプラント治療を受けられるとは限らず、検査の結果を見て、これ以上の治療はできないといわれることもあるでしょう。
しかし、理由として「あごの骨に十分な厚みがない」ことや「インプラントと義歯を入れるだけのあごの余裕がない」といったことであれば治療を断念するのは早すぎるかもしれません。
最新設備を駆使して、腕のある歯科医が治療すれば以前なら、インプラント治療は不可能とされていた症例でも治療は決して不可能ではありません。
現在可能な最先端の治療が受けられるかどうか、探すことを勧めます。
歯科治療のインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、インプラント治療は、あごの骨を掘って、人工歯根を埋め込んでその上に義歯をかぶせます。一方、ブリッジ治療では、義歯を支えるため、両側の歯を一周削って、上にブリッジをかぶせます。
ですから、見た目を考えればほとんどの場合、インプラントが優るというべきでしょう。
先に書いたように、ブリッジ治療では、問題のない歯を削らなければならないという辛さもあるのです。
残念ながら、インプラント治療は全額自己負担で、ごくまれにしか保険適用されませんがしかし、医療費控除の対象ではあります。確定申告することではじめて、医療費控除の対象になりすでに収めた税金を取り戻す申告をします。確定申告で忘れてはならないのは歯科医を利用したときに必ずもらう領収書がお金を払った証明になるのでもらったものはしっかり取っておいて暦年単位で、大事に保管しておきましょう。
インプラントが固定され、義歯が不自由なく使えればインプラント治療も終わります。
それからも定期的なメンテナンスを受けなければなりませんので維持費がかかることを知っておきましょう。
使用に問題がなくても、三ヶ月に一度のペースで歯科医のチェックや衛生士によるブラッシング指導を受けます。
メンテナンスを受けるごとに支払う料金は保険適用の治療が基本となり三千円くらいと考えてください。
普通は、一年あたり1万円、もしくは、2万円程度の維持費を用意しておきましょう。もし、インプラント治療前に歯科や口腔外科のの既往症があればインプラント埋入にあごの骨が耐えられるかどうか知る必要があります。
特に要注意なのは歯周病や顎関節症で、まずそちらの病気を完全に治すことが必要条件です。
さらに、美容整形を受けてあごの骨を削った患者さんもリスクを背負っています。最新の技術を用いれば、これらの病歴だけでインプラント治療ができないわけではないため歯科医とのコミュニケーションが何より大事です。
人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋め込むのがインプラント治療ですが、それによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。
人工歯根は外科に使われるボルトやねじと同じ素材が使われています。チタンの他、セラミック、金といったアレルギーをきわめて起こしにくい素材でできているからです。
インプラント治療に保険が適用されることはまずありません。全額自費と考えてください。経済面でも余計な負担にならないよう、金属アレルギーの患者さんは遅くとも手術の前までに、歯科医に確認しておくと不安や誤解がないでしょう。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ

一眼レフカメラ