インプラント埋入手術では局所麻酔を使います。入院す

インプラント埋入手術では局所麻酔を使います。入院する必要はまずありません。
ただし、糖尿病や心疾患など、麻酔や出血に関わる持病がある場合は入院設備が整ったところで手術する必要もあります。そして、インプラントを埋入する箇所に、十分な厚さの骨がないケースでは、第一に骨を形成しなければなりません。
腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、入院することや、複数の病院で手術することもあります。
自分が当てはまるという方は、長期間にわたる治療を覚悟しなければなりません。
埋入手術後の経過が良く、義歯の使用に問題がなければインプラント治療は終了です。
けれども歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなければならず当然、その度に費用を支払います。
特に異常がなければ、三ヶ月に一回くらい定期検診に通うのが一般的です。
定期検診にかかるお金は保険が適用される治療がほとんどを占めるため三千円くらいと考えてください。従って、年間1、2万円くらいの維持費を見込んでおいてください。
希望すれば誰でも、インプラント治療を受けられるとは言えず失敗の可能性が高いため、治療できないといわれることもあるのです。ですが、理由に挙げられたのが「骨の量が足りない」などや、「インプラントを埋入し、義歯を支えるだけの骨の幅がない」であったとするならまだあきらめなくて良いかもしれません。
歯科医の腕と設備次第で、以前なら、インプラント治療は不可能とされていた症例でも治療は決して不可能ではありません。よく調べて、最先端の治療が受けられる歯科医院を探すことを勧めます。
歯科治療のインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、インプラント治療は、あごの骨を掘って、人工歯根(インプラント体)を埋入し、それが落ち着いたところで上に義歯をつけます。
それに対し、ブリッジ治療は、義歯を橋桁と考え、両隣の歯を一回り削った後で、上にブリッジをかぶせていきます。
ですから、見た目を考えれば多くのケースではインプラントが優るというべきでしょう。ブリッジ治療では、両隣の歯は橋の支柱のように削ることになるという辛い面があります。インプラント治療も医療行為ですが、全額自己負担で、ごくまれにしか保険適用されませんがしかし、医療費控除の対象ではあります。
医療費控除は職場の年末控除の対象ではなく、個人で確定申告をして医療費を収入から引くサービスを受けられます。確定申告で医療費控除を受けたい場合、歯科医を利用したときに必ずもらう領収書が医療費の支払い証明になるのでなくしたり、レシートの印字が消えたりというミスがないよう他の医療費とともに、1年分をもれなく保管してください。人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋め込むのがインプラント治療ですが、金属アレルギーの危険性はほとんどないのです。人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といったアレルギーを起こすことは極めてまれな素材から作られています。
インプラント治療はほぼ全て保険外治療であり、ほぼ全額自費とみるべきです。経済面でも余計な負担にならないよう、金属アレルギーの患者さんは治療に取りかかる前に、歯科医に相談しておくのが治療や手術への心配がなくなるでしょう。どんな完璧なインプラント治療でも、治療完了後、そのままで良いという訳にはいかず、アフターケアが寿命を決定します。
毎食後に磨き残しがないようブラッシングしてプラークコントロールを継続した上で異常がなくても、定期的に歯科医院で診察してもらうことが必須条件です。
どんな堅牢なインプラントでも、普段のケアができなくなると歯周病になることは珍しくありません。インプラント治療を始める前にチェックすることとして、あごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうか知ることが大事です。
既往症に歯周病、顎関節症があるとすれば、治療開始前にあごの骨の状態を完璧にするために、その病気を完治させることを忘れないでください。それから、美容整形や外傷といった、あごの骨に手を加えた経験がある方も事故を引き起こす可能性が増します。ただし、これらの既往症があっても治療の可能性はゼロにはならないので歯科医とよく話し合うことを心がけましょう。インプラント埋入手術では、人工歯根を骨に埋め込み、定着させるので手術が無事終わっても、患者さんのほとんどは違和感を感じるといわれています。数日たって腫れが引けば、だいぶなじんできますから変な感じがしても、触ったり刺激するのは止めるようにひたすら辛抱が大事です。十日以上経ったときに違和感が変わらない、あるいはさらにおかしく感じる場合や、痛みが続いていたり、腫れや出血が止まらなかったりする場合、原因を突き止め、治療しなくてはなりません。
急患でも診療を受けることが必要です。歯科治療で手術を受けたことがない方には、インプラント埋入手術はかなりの痛さを想像してしまうでしょう。
今では、どこで手術を受けても痛くて我慢できないことはまずありません。麻酔の効き方を確認しながら手術に取りかかるためです。
麻酔が切れた後で、腫れてきたりだんだん痛くなってくることもありますが、痛みに備えて、頓服薬を処方されるので激しい痛みが長く続くことはあまりありません。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ

一眼レフカメラ