歯科医の技量、患者の体調などの条件によっ

歯科医の技量、患者の体調などの条件によって、インプラント治療も様々な点で、失敗が起きる可能性があります。インプラント治療から起こりうる問題として、人工歯根があごの骨に定着せず脱け落ちてしまう、力をかけたことで人工歯根や義歯が破損するといったインプラント本体に生じた問題、患者の体調、アレルギーなどが原因で、手術したところが腫れる、痛むという身体的問題、あるいは歯並びが悪くなる、あごの骨が変形するなど外見が損なわれる可能性もあります。こうした失敗のリスクを最小限にとどめるためには歯科医はともかく慎重に決めてください。成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、そのマイナス面も知らなければなりません。まず、他の歯科治療と比べても費用がかかることです。
高くついた場合、数十万円にもなるケースもあるのです。
あとは、治療が失敗したとき、起こった問題は、相当深刻化する可能性があるデメリットも忘れないでください。
ごくまれなことですが、死亡事故も実際に報告されています。どんな方にもインプラント治療が良い訳ではありません。
ブリッジや入れ歯など、他の治療が困難な患者さんにお薦めします。
周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、噛み合わせや、噛む力が義歯では得られないなどでインプラント治療を希望することになるという患者さんに適用されるのが普通です。
インプラントと入れ歯がどう違うかというと、インプラントは噛み心地は自分の歯に近く噛み応えがある分だけ、食事も美味しく感じられます。
治療を始める前に必ず知るべきことですが、インプラント治療は高額になることを知っておいてください。ごくまれに、インプラント治療が保険適用されることもありますが、一般的なケースではなく、普通は治療の全てが自費になるのがどうしても高額になってしまう原因です。インプラントの材質などを選び、極力安くしても十数万円、高価な材質を選ぶなどで費用はその数倍に及ぶことを肝に銘じておかなければなりません。
一本のインプラントを入れるのに、どのくらいかかるのかと言われると、インプラント一本を、標準的な治療で入れるなら30万円から40万円でしょう。地域差もあり、歯科医院の規模によってできる治療にも差があり、歯科医の評判にも差があって、それぞれに料金はずいぶん違ってきます。
複数の医院の費用を調べて比較検討し、時間をかけて歯科医院を決めた方が絶対に良いです。忘れないで欲しいのはその歯科医院で治療を受けた方の口コミです。近頃は、一括払いだけという歯科医院は少なく、分割払いや、クレジットカード払いもできるようです。虫歯をひどくしてしまい、抜歯しか打つ手がなくなってしまったのです。ブリッジという選択肢もありましたが、歯医者さんから今後のことを考えてインプラントをすすめられ、治療を受ける決心がつきました。
ブリッジより高額な治療で、時間もかかりますが使用感や耐久性を考えればインプラントだと言われました。治療後、噛めるようになると、ほどなく隣の歯と同じように使えたので私の場合は、インプラントが最適でした。インプラントについて、簡単に説明すれば歯がまるごと抜けてしまった後で、代わりにあごの骨に埋め込んだ人工歯根と、その上の義歯作りの治療です。
ブリッジや入れ歯との根本的な違いとして、インプラントは人工歯根を骨に埋め込むことによって噛んだときの感じも自分の歯に近く、他の歯に負担をかけずに、長く使い続けられます。
なお、インプラント治療は全て自費となり、保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。
ブリッジや入れ歯に比べ、インプラントではしっかりと噛むことができ、自分の歯のように安心してガムを噛めるのもこの治療の良さでもあります。自分の歯の上から人工歯をかぶせたブリッジや入れ歯と異なり、あごの骨に根元を埋め込む形で人工歯を作ったので歯が取れる心配をすることなく、安心してガムを噛めます。インプラント全体も、ガムを噛むくらいでは何ともないくらい頑丈です。もう、こわごわキシリトールガムを噛むこともないのです。
検査から治療後のメンテナンスまで、インプラント治療はほぼ全面的に保険適用外です。保険が適用されればありがたいのですが、この人工歯治療は保険適用が可能な他の治療方法よりも手間がかかるとともに、設備や技術が求められ、どこでもできる治療ではないからです。
手術の前後には様々な処置が必要で、インプラントが周りの歯の間で落ち着くまでにも時間がかかり、完全に治療が終わるまでの医療費はかなりのものです。
これを保険適用にしてしまうと、医療費はいっそう増えてしまい、社会保険料の値上げが心配されるので、今後も原則保険適用にはなりません。インプラント治療の問題点をいろいろな情報媒体から調べているでしょうが、その情報の中に、インプラントを埋め込んだ人は、頭部MRI検査は不可といった話を聞いた方もいるでしょう。でも、気にしなくて良いです。MRI検査とは、身体に磁気を当てて画像を作ることです。
金属に反応したところの画像は乱れてしまいます。
しかし、インプラントは主にチタンが使われているのでチタンの特性として、磁気には反応しないためそのため、MRI検査は問題なくできます。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ

一眼レフカメラ